Home>注目記事>皮膚科はどこも同じじゃない!それぞれで出来る目のクマの治療とは?

目のクマの治療、一般皮膚科と美容皮膚科でどう違う?

目元

目のクマを治療する際に、皮膚科と言っても一般的な皮膚科と美容皮膚科とでは、どちらも保険が適用外という所は同じですが、目のクマの治療に対する施術で出来ることなどは異なって来ます。比較することでよりどの皮膚科が目のクマに効くか分かるはずです。

一般的な皮膚科と美容皮膚科の違い

一般的な皮膚科

一般的な皮膚科で治療ができる目のクマは主に茶クマとなります、アトピーやアレルギーなどの刺激により目を掻く、擦るなどで出来たクマに対し、ハイドロキノンという薬や、グルタチオンなどの薬を処方しての治療を行ってくれます。

美容皮膚科

美容皮膚科では、主な青クマ、茶クマ、黒クマなど、全てのクマの治療が出来ます。目のクマはこの3つが複合して発生している場合もあるので、それぞれに幅広く対応が出来るのが美容皮膚科。元からアトピーやアレルギーなどのトラブルがないようならば、美容皮膚科がいいでしょう。

皮膚科はどこも同じじゃない!それぞれで出来る目のクマの治療とは?

目のクマの治療の費用相場は?

美容皮膚科の場合の治療はあくまでも美容目的の治療になるため、自費診療、つまり保険は適用されません。また、クリニックによって費用も異なります。平均的な価格としてはヒアルロン酸注射だと5~10万円、脱脂術が10~30万円、ピーリング治療は5000円~1万円程度、ハイドロキノン処方は2千円~となっています。レーザー治療などは2~5万円となり、少しお手頃になっています。ですが、治療方法によっては繰り返し治療を行う場合があるため、よりご自分のクマのタイプや予算に合わせて治療方法を選ぶのが大切になってきます。

保険が適用される可能性のあるクマ治療もある

中にはたるみから出来る黒クマの一部の治療に保険の適用が効く場合もあります。しかし、それは眼瞼外反症という外側にひっくり返っている下瞼の状態(分かりやすく言うとあっかんべーの時のようにひっくり返っている状態です。)を直す治療法となっており、厳密に言えばそれは目のクマの治療ではありません。この治療により、目のクマが改善する場合もあります。が、これは医師の判断で決まるので、必ずしも保険が適用されるという訳ではありません。もし、黒クマに悩んでいる方は、参考程度に覚えておくといいでしょう。