Home>注目記事>目のクマを治療したいなら皮膚科へ!探し方のコツ

クマに効く治療はどこで受けられるのか?

目のクマというのは、やはり自分のケアでは限界が出てくると思います。そこでおすすめなのは美容皮膚科での治療。でも、クリニックの選び方が分からない…という方の為にどのように美容皮膚科を選べばいいのかお教えします。

クマ治療をしてくれる美容皮膚科の探し方のポイント

無理なく通院が出来る所か

クマの治療は、クマの種類や場合により数回ほど治療を受ける可能性もあります。続けて治療が出来る価格かどうか検討しましょう。

カウンセリング、問い合わせの対応はいいか

何事も治療というのは不安がついてきます。特に目のクマは顔に関わる治療です。しっかり対応してくれるかどうかを見極めましょう。

アフターケアはしっかりしているか

治療後、何かあった際にケアしてくれるところだと安心です。目のクマの治療についてカウンセリングする際に、アフターケアの確認をしましょう。

口コミ・評判に悪いところはないか

目のクマというのは人によっても悩みが少しずつ変わって来るので、治療を受けている人の声を判断して決めづらいもの。公式サイトの口コミを確認した上で、他の口コミサイトなどで様々なところから評判をチェックしましょう。

目のクマを治療したいなら皮膚科へ!探し方のコツ

カウンセリング

知って置きたい目のクマの治療リスク

目のクマの原因によって治療をしてくれる美容皮膚科ですが、やはり治療にはリスクは伴います。例えばたるみや脂肪に効く脱脂術ですが、メスを使用する施術となっている為、治療後は激しい運動、顔に強いマッサージを行うことなどを制限する必要性があります。注射タイプの注入治療ですが手術に比べると比較的安全ではありますが、注入部位が目立つ場合もあります。その場合は注入された成分が自然に吸収され、目立たなくなるまで待つ(いわゆるダウンタイムと言われるものです)、もしくはヒアルロン酸の場合、吸収を早める薬を飲む、等で対応する必要があります。

女性

その他の目のクマの治療リスクは?

メスや注入治療のみならず、目のクマには様々な治療法があります。茶グマなどの色素沈着が理由のクマにはハイドロキノンというクリームが処方される場合があります。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるほど非常に効果のある薬ですが、デメリットとして身体に合わない場合は炎症を起こしてしまい、肌の赤みを引き起こす可能性があります。ハイドロキノンは、紫外線を浴びるとより色素沈着が濃くなることもあるため、必ず処方される際は医師の指示にちゃんと従う、異常が現れたらすぐに使用をやめるなどで使用しましょう。