「クマ」はどこで治せるの?

顔の印象の悩みにもなりうる「クマ」。悩んでいる人も多いのでは無いでしょうか。確かに、クマがあることにより疲れて見えてしまったり、場合によっては老けて見えてしまったり、あまりいいことはありません。また、目のクマには色々な種類があり、それぞれケア方法なども違いますし、家でのケアでは難しいクマもあります。では、どうすればいいのか。家ではケアが難しいクマや、その他でも綺麗に早くクマを直したい場合は皮膚科での治療がオススメです。皮膚科は、一般的な皮膚科もありますがその中でもより見た目にこだわり治療してくれる美容皮膚科を選ぶとよりいいでしょう。

クマは皮膚科で!治療を受けた方の声

悩みが解決出来ました

私はずっと茶グマで悩んでいました。目のクマって、コンシーラーで一時的に隠せますが、実はそれが原因にもなるって聞いて、皮膚科で薬をもらって治療しました。今ではあまり疲れてる?とか聞かれることも少なくなりました。良かったです。家でも出来ないことも無いですが、やはりちゃんと治療するなら皮膚科ですね。

まさか生まれつきだったなんて

私は目の下が青く見える青クマです。子供の頃から目のクマのせいか顔色が悪いねと言われることもあり、そういうものだと思っていたのですが、そうではなく…生まれつきでした。血行を促す治療をしてから、心なしか顔色がよく見えます。

綺麗に治療出来て良かった

私は加齢に伴い、たるみのせいか目のクマがよりひどく感じられていました。娘にも老けて見えると言われ…思い切って治療してみましたが、目もスッキリして見えるし、若返った?とも聞かれるようになりました。たるみの治療をして良かったと思ってます。

脱毛UNZARI

が紹介するビーザライト01。効果や成分についても分かりやすく紹介します!いままでいろんな脱毛対策をしてきたけども効果がいまひとつだったという方にこそ、おすすめしたいアイテムです。

目のクマは皮膚科へ!実際に治療した方の声も紹介!

目元

知ってた?ホームケアで予防が出来るクマもある!

目のクマには様々な種類がありますが、ホームケアなどでも予防ができるクマもあります。それが茶クマ。茶クマは目の下のシミやくすみが集まったものになり、それがクマのように見えてしまうもので、色素沈着が原因で出来るクマです。なので目をついこすってしまうクセのある人や、アイメイクを濃くする人にもよくできます。ですが、茶クマは色素沈着に効く美白化粧品でホームケアすることも出来ます。また、こういったものはシミやそばかすなども同時に予防出来ますので、気になっている方はぜひ試して見てください。ですが、それでも良くならない場合や早くクマを直したい場合は、美容皮膚科などで治療しましょう。また、茶クマの場合は一般的な皮膚科でも治す事が出来る為、肌にもともとトラブルのある方は皮膚科に行くのもおすすめです。

他にもある家で出来るケアとは

青クマにも有効なホームケアがあります。それが、ツボ押しです。青クマというのは血行不良が原因で出来るクマです。目の下が青く見えてしまうもので、青クマに悩む方にありがちな顔色が悪く見えてしまう原因の1つです。なので、ツボ押しで血行を促進することで、青クマを解消に導く事が出来ます。毎日の洗顔、スキンケア後に3秒押しては離すを各3~5セット行なうのがいいと言われています。目のクマに効くツボの場所は晴明と言われる目頭寄りのツボや頬骨のふちのあたりにある救後というツボが主によく効くツボです。ですが、ツボ押しですがこれも素人ではツボの場所というのがよく分からない場合もありますし、青クマは肌のハリ不足からも起きる場合がありますので、それぞれにより合った治療が受けられる美容皮膚科だと青クマにより効く治療が受けられるでしょう。